無料配送

  60日返品ポリシー

 
   

パールの教育コーナー

パールの教育コーナー

パール(和名は真珠)は、貝の外套膜に付いた異物などに対する免疫反応によって作り出されるものです。異物というのは、ほとんどの場合、寄生生物や外からの脅威です。 別の貝から膜の一部を導入されることで、受容の貝でそういった異物を包む袋、「真珠袋」ができます。真珠袋におけるカルシウム沈着によってパールが生まれます。 パールを使ったジュエリーは、女らしい雰囲気を引き出し、月やウェヌス女神を連想させます.

サイズ

パールのサイズを測定する方法としてよく使われるのが、重さではなく、ミリメートルで測定された大きさです。 宝石のサイズが大きくなればなるほど、価格も高くなりますが、パールの場合はそれがきれいに段階にわけられていません。 例えば、パールのサイズが8-9ミリメートルに達すると、価格が著しく高くなっていきます。

パールの形には、ラウンド(真珠)、オーバル(楕円型)、ペアシェープやバロック(歪型)があります。 シェープが歪んでいる種類の名前がその中で特徴的です。 価値の一番高いパールは、対称なラウンドやドロップのものです。 パールのサイズは普段、2~16ミリで、それが貝殻の種類に大きく依存します。

光沢

光沢の良いパールはその表面に独特な透明感を感じさせ、美しい光の反射を作ってくれます。 それらの表面がほぼ完璧で、耐久性を高める真珠層も確認することができます。

パールは、白から黒まで、色がまさに様々です。 そういった天然色がいくつかの要素によって決まります(パールの主な色とそれを目立たせる光沢の間の相互作用など)。 手に取ったパールに光が当たると、光沢の色合いは変わりますが、ピンク、青、緑、灰色のものが多いです。