無料配送

  60日返品ポリシー

 
   

ストーンの比較

ダイヤモンドとホワイトサファイア、そしてスワロフスキーは外見がほとんど同じと考え勝ちです。 しかし、この三つはいくつかの異なる特徴を持っているので、どれを選ぶかは行事などによります。 色で言えば、 白がジュエリー界でエレガンスのシンボルです。最もあこがれのジュエリーに白い宝石が付いているのも、それが主な理由です。 ホワイトサファイアとダイヤモンドを見分ける確定的な違いは、光の放射に見出せます。 ダイヤモンドとスワロフスキーとの主な違いと言えば、一つは天然物で、もう一つは人口物です

ホワイトサファイアとダイヤモンドの素晴らしい硬度がネックレス、指輪、そしてイヤリングの様々なデザインに生かせます。 どちらも輝きが美しいが、地質学的産状が一致しませんので、鉱物としての特徴が異なります。 ホワイトサファイアは、色の付いたサファイアやルビーを含んだ、コランダム種です。一方、ダイヤモンドは炭素が結晶化した物なので、グラファイトなどに近いです。 言うまでもなく、お金が問題でなければ、ダイヤモンドがきっと一生幸せにしてくれますが、そうでない場合はホワイトサファイアも品質の近い代替品となります.

ダイヤモンドは、非常に強い圧力によって結晶になった炭素そのもので、硬度も導電性も抜群です。 火山噴火などで、マグマが地表近く上がってくる時に一緒に持ち上げられ、堆積岩層となります。それを生かしたジュエリーの手入れを丁寧に行わないと、輝きがなくなることもあります。 ソフトな歯ブラシとダイヤモンド用のペーストを使ってダイヤモンドをきれいにすることはできますが、ホワイトサファイアの場合はそれを頻繁にすることはお勧めできません。 注目を集めるダイヤモンドのスパークは、時代を問わず、婚約指輪や結婚指輪にこだわりのあるチョイスであり続けてきました.

色、光の反射率、そして耐久性における、ホワイトサファイアとダイヤモンドの間の違いを詳しく探っていきましょう。

ダイヤモンドとホワイトサファイアの色における相違は、光の色相によって決まります。 原則として、ダイヤモンドはホワイトサファイアより光の反射率が高く、それが光の火花のようなものを作ります。.

光の屈折

宝石の隅に集まった光が屈折して中へと進んでいき、小さな太陽が永遠のイルミネーションを放つように見えます。 ダイヤモンドが光の屈折率の高い構成を持っているおかげで、輝きが美しいです。 そういった自然の気まぐれがダイヤモンドの価値に大きく影響します。 ホワイトサファイアと比べると、ダイヤモンドは虹の色をすべて光の屈折によって作り出すことができます。 その奇跡な現象が、希少性そのものです。 輝きが美しいレアな宝石が今まで注目を集めてきたが、これからも人気を増していくに違いありません。

耐久性

ダイヤモンドはホワイトサファイアの耐久性の4倍も持っています。 それにかかわらず、ホワイトサファイアも傷が付きにくく、両方を選んでも一生身につけていく素晴らしいジュエリーストーンとなります。

More

ダイヤモンドとスワロフスキーを比較すると、特に目立つ違いがないかもしれませんが、詳しい者には実際、見逃していはいけない特徴がいくつか観察できます。

スワロフスキーとは、オーストリアで製造されるガラスの結晶です。 人工の物ですので、宝石としては認められません。 スワロフスキーの主な特徴には、その光のスパークと結晶ならではの透明度が挙げられます。 また、形がより自由に変更できるだけでなく、色にも様々な変化を起こしやすい。

ダイヤモンドの標準は4Cと呼ばれ、色、カット、透明度、そしてカラットの4つに依存します。 これらの特性によってダイヤモンドの最終的な価値が決まり、品質の良いものにGIAやHRDなど、一流の証明書が付きます。 購入の際、ダイヤモンドについて更に詳しい情報を得るために、4Cを参考にしても損はないでしょう。 ダイヤモンド、ホワイトサファイア、またスワロフスキーの中からどうしても一つを選ばなければならない場合は、長所と短所をきちんとおさえたほうが良いです。 ダイヤモンドは一生ものと呼ばれ、希少性も光の反射率も、すべてが一流です。 スワロフスキーは人工的に作られるものですが、値段がお手頃で、ダイヤモンドの優れた代替品となります。 ホワイトサファイアは、耐久性が高く、値段も手ごろの宝石です。

こだわりによって、指輪、イヤリング、またネックレスを選ぶことができます。 予算と自分のスタイルに合った、なるべく品質の良い石を選ぶのが原則です。 ただし、どの石を選んでも、ジュエリーが身につける時や手入れをする時に慎重に扱わないといけない繊細な物であることを常に肝に銘じておきましょう。 光の反射率や色の異常、そして傷を防ぐためには、ジュエリーの知識を高め、手入れにきちんと時間を費やすのが一番です。