無料配送

  60日返品ポリシー

 
   

宝石の教育コーナー

宝石の教育コーナー

宝石とは、装飾用などに利用される美しい鉱物です。ただし、ジュエリーの一部になる前に、加工される必要があります。 ジュエリー用に珍重されるのは、カットされた宝石と半貴石です。

宝石の主な特徴

宝石のカラー(色相・明度・彩度)

天然の宝石はすべてカラーがユニークです。宝石の専門用語をよりよく理解するために、重要な特徴を三つ知っておきたいだす。 同じ宝石でも、カラーの色合いや色調、また鮮明も異なることが多いです。 宝石のカラーに大きく影響するのは、色相と明度、そして彩度です。

色相 色彩のパレット(虹)の原色を一つ代表し、宝石の最も基本的なカラーを与えてくれるものです。 宝石の主な色が確認できたら(青・緑・黄色など)、それが色相とも言えます。

明度 宝石の色がどれだけ鮮やかであるかを指摘する要素です。薄い色から暗い色までその範囲が幅広く異なり、宝石の理想として認められるのは明度の中間レベルのものです。 それにもかかわらず、ジュエリーのデザインとセッティングによって、それぞれの明度の魅力度も異なることがあり、たまには個人的な好みも主な役割を果たします。

彩度 宝石の色の純度にも関連のある彩度は、宝石の品質が高くなればなるほど、灰色と茶色が消えていきます。 当然、色が純粋になっていくにつれて、宝石の価値も高くなります。

宝石のカット

宝石の価値がそのカットによって決まると言っても過言ではありません。ジュエリーと宝石業界で年間の経験を持っているGLAMIRAは、それぞれの宝石のエレガンスを強調させるために、品質の優れているカットを重視してきました。品質の良いカットは、宝石の全体的な価値にも影響します。そのおかげで、宝石の色が目立つだけでなく、包含物も確認できなくなります。宝石の全体的なアピールがそのようにアップされます。 弊社はカットをFair, Good, Very Good、Еxcellentといった、4段階で表します。 GLAMIRAのポリシーとして、商品に利用される宝石のほとんどにカットがVery GoodかЕxcellentのものが利用されます。 宝石のカットは必ず商品の詳細セクションに表示されています。

宝石の透明度

宝石の透明度により、その宝石の透明度と色が決まります。包含物が少なければ少ないほど、透明度の評価が良くなり、宝石の品質も高くなります。そういった透明度は、宝石の種類にもよります。透明度がАААのものには包含物が少なく、AAのものにはそれがより多く確認できます。品質に一切文句がない、最も優れている透明度を持った宝石は、AAAAと評価されます。 宝石の清澄さは必ず詳細のセクションに表示されています。

宝石のカラット重量(大きさ)

カラットというのは、宝石の質量を表す単位です。宝石の種類によってその比重(SG、宝石の密度を表します)が異なることが多く、外見がそっくりの宝石でも、同じ比重を持っているとは限りません。 例えば、ダイヤモンドはルビーほど比重が高くないので、1カラットのダイヤモンドは1カラットのルビーより大きく見えます。

宝石

エメラルド

サファイア

ルビー

ブラックダイヤモンド

ホワイトサファイア

エメラルド

鮮やかな緑色でよく知られているエメラルドの名前は、ギリシャ語で「緑色の宝石」を意味する、「smaragdos」に由来します。 ダイヤモンドとサファイア、そしてルビーと共に、世界の4大宝石にも数えられる宝石で、表面が特徴的だけでなく、硬度も他の宝石より低いので、現代のジュエリー業界で特別な位置を占めています。 エメラルドのグレーディングは、4C(色・研磨・透明度・重さ)によって決まります。 その4つの中で最重視されるのが色で、鮮やかな緑色のものが一番憧れのエメラルドです。 2番目に重視される要素が透明度です。 エメラルドには、包有物が多いため、透明度が高くなればなるほど、宝石の価値も高くなっていきます。 現在、エメラルドを入手できる国として、次のいくつかが挙げられます: コロンビア、ザンビア、アフガニスタン、オーストラリア、オーストリア、ブラジル、マダガスカル、 モザンビーク、ナミビア、ナイジェリア、ノルウェー、パキスタン、 ロシア、ソマリア、南アフリカ、スペイン、スイス、タンザニア、そして米国です。

エメラルドはハートチャクラと関係があり、恋愛関係を円滑にしてくれる不思議な力があるそうです。 慈愛の心を高め、友情や家族との絆を強めてくれるとも言われています。 エメラルドは古代から人々を魅了してきた、個性を持った宝石です。古代エジプトのクレオパトラの一番好きな宝石として有名ではありましたが、当時の一般人にも永遠の命を与えてくれる石として拝まれていました。 エメラルドの人気は、その癒しの力にも根拠があるらしいです。 感染病にかかった後、身体から毒を払い浄めることで回復過程を早くさせるとも言われています。 このように、エメラルドは心臓や肺、また視野にも効果的です。

ウェヌス女神の聖なる宝石とも呼ばれてきたエメラルドは、恋愛関係を保護する石と認められ、婚約指輪にぴったりな宝石です。

サファイア

サファイアは色や色合いが様々かもしれませんが、今まで目立ってきたのが青のみです。宝石の名は「青色」を意味するラテン語の「sapphirus」に由来することがその主な理由として挙げられます。モース硬度で言えば、サファイアは硬度9を持ち、ダイヤモンドとモアッサナイトに次いで2番目に硬い物質です。 サファイアの場合は、宝石の価値を決める4C(色・研磨・透明度・重さ)の中で色が最も重要です。 価値の一番優れているサファイアは色が鮮やかな青で、暗い色合いや灰色がかった部分を確認することがほとんどありません。 これらの宝石は現在、スリランカ、ベトナム、中国、タイ、オーストラリア、米国、マダガスカルと南アフリカで採掘されています。

サファイアに関する神話や逸話も多く存在します。 古代ペルシャ人の神話では、この世界は巨大なサファイアの上に乗っており、空が青いのもサファイアの色が反射しているからと、よく言われています。 チャールズ皇太子からウェールズ公妃ダイアナに贈られた婚約指輪もサファイアの指輪でした。そのおかげか、サファイアを貴族の宝石と考えられる傾向が現在も継続しています。 人の意思や混乱をすっきりさせてくれることがサファイアの主な効果と思われます。 サファイアは喉のチャクラと関係があり、内なる自分を理解するための力を与えてくれるとも考えられます。 惰性に流されない自分になれるように力を与えてくれる石であるため、集中力にも効果的です。 その身体を癒す効果でサファイアは消化不良の時や動きが鈍い時の回復も促します。

純粋な愛と忠実の象徴であるため、婚約指輪にぴったりな宝石です。 9月生まれの人の誕生石です。

ルビー

ダイヤモンドとサファイア、そしてエメラルドと共に、世界の4大宝石にも数えられるルビーの名前は、ラテン語で「赤」を意味する「rubeus」に由来します。サファイアと同じように、コランダム鉱物です。 モース硬度で言えば、ルビーは硬度9を持ち、ダイヤモンドとモアッサナイトに次いで2番目に硬い物質です。 ルビーのグレーディングは、4C(色・研磨・透明度・重さ)とその産地によって決まります。 品質の最も優れているルビーの鮮やかで濃い色が鳩の血の色にたとえられ、ピジョンブラッドと呼ばれています。そういったルビーには青味がかった部分や黄色の色合いが一切見られません。 ルビーは現在、ミャンマー、マダガスカル、ネパール、パキスタン、タジキスタン、タンザニア、 ベトナム、そして米国 で採掘されています。

古代から愛と情熱の石として有名であり、性欲を促す強い効果も持っていると考えられます。 活力と情熱を与えてくれるだけでなく、疲れも取り除く宝石です。 効果として次に重要なのが、人の意思や混乱をすっきりさせてくれることです。 議論を収めるという、仲直りの力もルビーには見出せると信じている人がいます。 ルビーは更に心臓のチャクラと関係があり、身体と血液の消毒に効果的な癒しの力があるとされています。 心臓に優しく、熱を下げるだけでなく、血の流れもよくしてくれます。

7月生まれの人の誕生石で、愛と情熱の象徴として婚約指輪によく選ばれます。 伝統的なしきたりとして、結婚の15年か40年後の記念日にプレゼントされることが多いです。

ブラックダイヤモンド

他のダイヤモンドと違い、天然のブラックダイヤモンドは不透明で、宝石の一つと評価されます。人々は、ブラックダイヤモンドを価値の高いものと認め、その優れた美しさに長年にわたり心を奪われてきました。 とはいえ、他のカラーダイヤモンドに比べると、ブラックダイヤモンドの値段が割と低いです。

ブラックダイヤモンドの意味に関する神話がいくつか存在しますが、矛盾する部分が少なくありません。 インドの神話によると、ブラックダイヤモンドは地獄の王である閻魔の代表的な石です。 その一方、イタリアでは真逆の説があり、人間関係の問題を解決してくれる仲直りの象徴として認められ ます。

カラット - カラットとは、ダイヤモンドの重量を表す単位です。 ブラックダイヤモンドの値段が異なることはありますが(宝石商にもよります)、それも様々な理由に大きく関係します。例えば、採掘されたブラックダイヤモンドの場合は、値段が若干高くなりますが、それも他のダイヤモンドの安い代替品によく使われます。 また、ブラックダイヤモンドを研磨することが困難で、カットの品質自体もそれに決まることが多いです。

カッ - ト天然に採掘されたブラックダイヤモンドの見た目は粗いが、あらゆる加工法でその美しさを際立たせることができます。そういった過程を「カット」と呼びます。 歯のない、ダイヤモンド粉末を用いた幅の狭い丸ノコが利用され、ダイヤモンドを「カット」するのが刃にあるダイヤモンド粉末です。

透明度 - ダイヤモンドの透明度は、内包物やブレミッシュが無いことの程度を表しますが、光の反射 率が他のダイヤモンドより低いブラックダイヤモンドの場合は、それがよく重視される基準とはかぎりません。

カラー - 天然カラーとして希少性がとても高い黒が、その色に染まったダイヤモンドの人気を高めます。 ブラックダイヤモンドの黒い色がダイヤモンドの成立時の結晶構造の中でできたグラファイトのおかげです。 色合いとしては当然、ファンシーブラックのものしかありません。

ホワイトサファイア

宝石の一つと認められ、ダイヤモンドにしか負けない硬度を持つホワイトサファイアは、ダイヤモンドの代替品として利用されることが多いです。 モース硬度でいえば、ホワイトサファイアは硬度が9.0です。 ダイヤモンドの場合は、それが満点の10.0です。 ホワイトサファイアは硬度が高いため、ジュエリーにはぴったりな宝石です。

持ち主のタレントを生かすことや理想から離れないことを促すだけでなく、知恵や強い精神の特徴として人気が高いと言われます。 一方、相手のために全てを放棄した者もその宝石がお好みらしく、恋人同士の間の約束に最適です。恋愛関係や結婚の始まりに嫉妬を抑える力も、ホワイトサファイアにはあるそうです。

カラット - カラットにおいては、ダイヤモンドとホワイトサファイアの間に明らかな差が出てきます。 つまり、カラットが同じでも、宝石の比重が異なります(ホワイトサファイアのほうが上)。 ですから、ホワイトサファイアのカラットを検討する際、そのサイズをミリメートルで測定したほうが有利的だと思われます。

カット - ダイヤモンドと違い、ホワイトサファイアは研磨の方法が特徴的でないと、石の美しさも十分に目立たないことがあります。 ホワイトサファイアのカットに「理想」と言えるカットがなく、宝石の美しさとカラーをどのように引き出せるのかが宝石細工人次第です。

透明度 - 他の宝石と同じように、ホワイトサファイアの透明度の基準をダイヤモンドにしておけば、一致しない部分がいくつか目だってきます。 ホワイトサファイアは微量元素(時々宝石の特徴を決めることがあります)に富む環境の中で生まれたので、前提としてすべてのホワイトサファイアに包有物があると認められます。 よって、拡大を使っても包有物を確認することができない、というホワイトサファイアは希少性が極めて高いです。

色 - ホワイトサファイアの中でも、色が白いものを見つけることが珍しく、その中で品質の良いものは希少性が更に高いです。 これらの石は、「無色」に分類されます。 ホワイトサファイアの一部に、淡い青、黄色、そしてピンクの色合いを持つものがあります。