結婚指輪のガイド

金属をどうやって選びますか

結婚指輪のガイド

合金には、異なる色、耐久性、強度や価格などがあります。

金(ゴールド): 結婚指輪といえば、金です。 ナチュラルで心を癒してくれる見かけと光沢が、金の結婚指輪に魅力とロマンチックな一面を与えます。 金はカラットで量られ、24分率で表されることが一般的です。 24カラットと評価される純金がジュエリーを製造するにはやわらかすぎるので、他の金属と混ぜて合金にすることが多いです。 18カラットは純金が75%、14カラットはそれが58.5%です。9カラットとなると、純金の割合が37.5%まで下がります。 カラットによって金の耐久性と硬さが異なるので、こだわりが違う人でも、ほとんどの場合はそれに合った金の特徴が既に存在します
ゴールドウェディングリング 

パラジウム: パラジウムは、プラチナと見た目が非常に近く、魅力的な白銀色の輝きを持っています。 耐久性が優れているため、一生ものとよく呼ばれています。 パラジウムの主な長所として、その抜群の軽さが挙げられます。 そのおかげで、デザインが大きいジュエリーには、パラジウムを利用することが多いです。 パラジウムは世界で希少金属の一つと認められ、優れた寿命が得に魅力的です。
プラチナ結婚指輪 

プラチナ: 結婚指輪に利用される希少性の最も高い金属です。 プラチナは耐久性が非常に高いため、他の金属と比べると重く感じます。 金より30倍も希少性が高く、14Kの金なら、重さを4割上回っています。プラチナのそういった密度、純度、また希少性がその金属を使ったジュエリーを更に特別なものにしてくれます。 プラチナの光沢と柔らかな光を放つ白い色合いに多くの人々が心を奪われてきました。
プラチナ結婚指輪 

銀(シルバー): 銀の明るく白が、海の表面に浮かんでいる月の姿を思い出させてくれます。 宝石との組み合わせが多く、光沢が美しい金属です。 しかし、硬度がそれほど高くないので、他の金属と合金にすることが多いです。 925シルバーは、純度が92.5%で、指輪にナチュラルな輝きを与えます。 銀の光沢は、印象に残るモダーン感を呼び出してくれます。
シルバー結婚指輪 

色はどうやって選びますか。

色はジュエリーのセンスにも大きく影響します。 ジュエリーの魅力を高めるために、色と他のジュエリーアイテムとの組み合わせが重要視されます。 一方、色には異なる個性があります。
Solitaire Pave

イエローゴールド: イエローゴールドは、太陽のようなやわらかい輝きで上質感を作ります。 流行りに合ったクラシック感と素晴らしい輝きが時を超え、鮮やかな黄色もどのスタイルにも適切で、流行遅れになりません。 イエローゴールドの光沢が一生持つもので、心に潜めた温かい気持ちを指に付ける形にします。ホ.
イエローゴールド結婚指輪 

Solitaire Pave

ワイトゴールド:ホワイトゴールドの白みがかった輝きは、独特なモダーン感を生み出します。 耐久性も高く、予算が限られている時に魅力的な選択肢となってきます。 ホワイトゴールドは洗練されたクールな光沢を持ち、現在も人気を増しています。それだけでなく、光を反射する表面が独特感とエレガント感をジュエリーに与えてくれます.
ホワイトゴールド結婚指輪 

Solitaire Pave

レッドゴールド: レッドゴールドの魅力といえば、やわらかい輝きとピンクの色合いが特徴です。 銅も含まれているため、美しいピンク色の与える人気も高いです。 ロマンチックな恋愛関係の象徴であるレッドゴールドは、見かけが女らしく、銅の部分のおかげで耐久性が月並み以上です。 その魅惑的な美しさは、ビンテージスタイルの結婚指輪にもぴったりです。
ローズゴールド結婚指輪 

表面はどうやって選びますか

光沢

垂直光沢なし(マット)

水平光沢なし(マット)

ワイヤーブラシ(アイスマット)

砂吹き

光沢: 光沢された指輪ほど、ジュエリー界でもっと知られているものはありません。 光の反射率が高く、美しい光沢が表面の魅力を高めます。 鏡のように光を反射する光沢された表面は、きっと注目を集めます。 表面自体は色が明るく光り、光の反射率も抜群です。

垂直光沢なし(マット): 垂直ブラシテクスチャーのある、反射しない仕上げ。シックな見た目のおかげで、人気がだんだん増していきます。 一種で目につく光沢の発散が美しい表面を作ります。反射力はある程度減らしますが、垂直ブラシが、独特感を作るテクスチャを指輪の表面に与えます。 繊細されたそういった仕上げの指輪は結婚などにエレガントなチョイスとなります。

水平光沢なし(マット): 線状ブラシのが感触のある、微妙なテクスチャーを指輪に与えてくれます。 ユニーク感を求める若いキャップルに年々人気を増しています。 ヘビーテクスチャーとカスタム艶消しの効果が特徴です。この仕上げは、結婚指輪にモダーンかつヒップな雰囲気を感じさせます。 水平ブラシは、光沢された内側と美しいコントラストを作ります。

ワイヤーブラシ(アイスマット): より深いブラシストロークの人気仕上げ。 ワイヤーブラシはブラシストロークがはっきりしており、テクスチャーも目立っている側面が、ブラシされた仕上げとの大きな違いです。

砂吹き: ざらざらとしたテクスチャーで、キメが粗い仕上げ。指輪の表面を手で触ることだけで、その仕上げのテクスチャーが確認できます。 砂吹きされた指輪は、 表面がやや粗く、感触のあるテクスチャーも持っています。

厚さはどうやって選びますか

指輪の幅と厚さとは、互いに影響し合うので、幅を大きくする時は適切な厚さも選ぶことが必要です。

1.2 mm

1.4 mm

1.6 mm

1.8 mm

2.0 mm

1.2 mm: 繊細でエレガント 謙虚さとエレガンスを強調した指輪の厚さ。 これが生み出すのは、美しいジュエリーピースです。 指輪が軽く感じることがお好みの方は、この暑さがぴったりです。

1.4 mm: クラシックデザインによく似合う厚さ。サイズの大きい婚約指輪のきらめきを強調するにはこの1.4ミリが最適です。指輪の輝きにも良い影響を及ぼし、光の反射率を高める暑さです。

1.6 mm: 1.6ミリのものは付け心地が良く、結婚指輪にはぴったり。そのおかげで、キャップルに人気が高いです。 その特徴の一つに、指輪のデザインと仕上げを強調することが挙げられます。

1.8 mm: 他のオプションに比べると、ある程度厚いが、女性用の結婚指輪のストーンにエレガンスを与えてくれます。 指輪の付け心地と繊細な見かけにこだわりのある方は、安全性を与えてくれるこの厚さが絶好です。

2.0 mm: 全てのデザインを際立たせます。指の長い方にはお勧めです。 指輪のデザインを大胆にし、その耐久性も向上させます。 派手好きの方は、この繊細且つ丈夫なオプションがぴったりです。 耐久性を重視するなら、厚さを2ミリに設定しましょう。

幅はどうやって選びますか

手が小さくて、繊細な方は、小さめのサイズのインパクトを高めるために、幅の細い指輪がお勧めです。 シンプル且つクラシックなデザインを求める方に最適なオプションです。 指輪デザインの細かいところまで他人に気づいてほしいなら、この中間となる幅のオプションがぴったりです。 指が長く、大きいサイズの指輪を求める方は、幅の太いものを選びましょう。太い幅は、指輪の繊細なデコレーションを可能にするだけでなく、シンプルなデザインにも最適な表面を作ります。そのおかげで、あらゆるデザインの指輪の美しさを際立たせることができます。婚約指輪と結婚指輪の幅が異なっても、そこで生まれるコントラストもまた魅力的です。 幅を細くするか、太くするかについて。 幅の細い物あるいはそれが太い物を選ぶのかは、お客様の好み次第です。

2.0 mm

3.0 mm

4.0 mm

5.0 mm

6.0 mm

7.0 mm

8.0 mm

9.0 mm

プロフィールはどうやって選びますか

コンフォートフィット

フラットバンドのコンフォートフィット

コンフォートフィット: このプロフィールは、金属を多めに利用し、指輪の内側にドームのような部分を作ります。 指輪をつけるときや外すときの通り方を良くするプロフィールです。指に触る指輪の内側に丸みを与え、その付け心地も最終的に良くなります。 生活が忙しい忙しい生活のため指輪を外すことが多い活発な方は、このコンフォートフィットが最適です。コンフォートフィットの結婚指輪は、指輪の隅よりもその中央部分のほうが、厚みがあります。

フラットバンドのコンフォートフィット: このプロフィールの内側は、中央部分にドームのような曲がったところがあり、外側が平らです。 凸状のそういった表面が指輪の付け心地に影響があり、指輪をつけるときも外すときも最適なコンフォートを与えてくれます。